「クリスマス」70%の男性が一人で過ごす時代に光を!

20代から30代男性の70%が、今年のクリスマスを一人で過ごすという。これだけ娯楽に溢れ、歓楽街も賑わいを取り戻し、人は他者とのふれあいを求めている時代だというのに、何故こんな事が起きてしまうのだろうか?こんな記事もある。

2000年以降の20~30代の死因のトップは「自殺」だという。老年の「孤独死」問題が一時期持ち上がったが、今や「孤独死」は高齢者の問題ではないのかもしれない。「孤独」は人を壊す。「孤独」は心を蝕む。「孤独」は人間の性質さえ変えてしまう。今、20~30代の男性は「孤独」を享受してはいけない。「孤独」を友人としてはいけない。「孤独」と婚姻してはいけない。少しずつでもいい。目先を、考え方を、変えていこう。

ではこの「クリスマス」。一人で過ごす予定だった方は、まず誰でもいいから当日に暇を持て余している人間を探して欲しい。男性ならば70%が一人で過ごす訳だから、探せばすぐに見つかるはず。そして必ず「孤独」な女性もいる。友人でも知人でもいい。仕事先で出会った女性でもいい。予定を聞いてみよう。別に交際を目的としなくてもいい。まずは「孤独」を共有する事だ。多分、誘われた女性は躊躇するだろう。それは当然だ。でもそんな事はどうでもいいのだ。「自分には予定がない」「予定はないけど、美味いモノが食べたい」「友人同士がお祝いしてもいい日じゃないか」とはっきり告げるのだ。これだけでクリスマスに蔓延している「愛し合う者だけが集う日」という風潮を少しでも払拭できる。二人きりはさすがに普通の女性ならばOKはしないだろう。そこは男性側が理解してあげて欲しい。ここでは団体、グループでクリスマスを楽しむ方向に持っていくべきだろう。一人で過ごそうとしていた者を集めよう。一つの共通項は対話を呼びやすい。いつもは見えない人物像が見える事も多い。一人で過ごすより確実に有益であるのだ。

こういった行動を「傷の舐め合い」だと思う方はそれでいいだろう。しかしその考え方が現状のクリスマスを生み出している事も、手助けしている事も忘れてはいけない。「愛し合う者だけが集う日」を助長させたのは、他でもない「孤独」な者達だ。多分「プレゼント」という存在が男女の「恋愛の吉日」とさせたのだろうが、そういった流れを「孤独」な者達が塞き止める事をしなかったからだ。誰とでも祝っていい、祝うべき「聖なる日」と日本では沈着しなかった理由がここにある。日本人は本質など関係なく、イベントを楽しめる種族である。表面だけを見つめる癖がある。もっと本質を探れる、知る事ができる様に我々は変わるべきなのだ。

本質を知る為に、クリスマス当日は教会に行く事をオススメする。ミサに参加する事はクリスマスの真の姿が見られるだけでなく、日本のバカ騒ぎに何の実体も無い事が判るだろう。その為だけに女性を誘って教会に行くのもいいだろう。多くの日本人がクリスマスを教会で過ごす、ミサに参加した経験は無い。だからミサに参加してみたいという理由で女性を誘う事は何もおかしくない。ミサだけ体験し、それだけで女性と解散したっていい。信者でなくとも関係ない。どんな事柄でも本質を探ろうとする男性を女性は尊敬する。教会にも素晴らしい女性は大勢いる。是非、「出会い」と「孤独」の本質を知る「聖なる夜」をあなたに送って欲しい。

PR
無料エロアニメサイトはコチラ!http://www.cibolomediaservices.com/あの人気アニメもしっかり見れる!
神待ち掲示板で神待ち少女を探して!今夜だけでも泊めてあげてほしいの。
しっかり根付いている家出掲示板で少女たちがヘルプ!助けてあげるしかない!
無料の盗撮掲示板はコチラ!http://www.to-satu.net/boad/ジャンルごとに見やすい盗撮映像!
人助けするならまずは家出少女から!http://www.iede-girl.net/